産後の後陣痛について

産後に起きる後陣痛について考えてみたいとおもいます。後陣痛は、大きくなった子宮が元に戻ろうとするときに起きる痛みです。一般的に初産よりも、ニ回目や三回目の出産の後に痛みが強くなる傾向があると言われています。わたし自身も、初めての出産の時はほとんど後陣痛の痛みを感じませんでしたが、ニ回目の出産の時にはとても痛かったのを覚えています。出産して、二日目以降の痛みが強く、我慢できずに痛みどめの薬を飲みました。ママ友にも同じような経験をしている方が多いので、経産婦の方が後陣痛の痛みが強いというのは事実だとおもいます。出産前の陣痛でも苦しかったのに、どうして産後まで痛みがあるのか…と不思議に感じたことを覚えています。後陣痛については、男性の方など知らない場合も多いので、上手にサポートするためにもぜひ多くの人に知ってほしいと感じます。

産後に起こる後陣痛について。

出産を促す陣痛が起こると、出産間近です。陣痛は、赤ちゃんを押し出そうと子宮が収縮する行動です。時期は、それぞれ違いますが、3000gを超えれば必ず来ます。出産後は、後陣痛が起こります。後陣痛について、ご存じですか。出産後は、まだ子宮から出血があり、出血は個人により違いますが、一ヶ月程で治まります。また、子宮が元の大きさに戻ろうと収縮します。そのため、後陣痛が起こります。産後一週間程で治まります。また、母乳を与えた際、子宮の収縮が促され後陣痛が起こる場合もあります。痛みの度合いは、個人によります。お腹をマッサージしたり、深呼吸をすることで緩和されます。産婦人科によっては、子宮の収縮を促す薬が処方される場合がありますが、子宮の収縮は薬を使用しなくても良いでしょう。母乳を与えるかたは、薬の使用はなるべく避け、よく考え利用しましょう。

出産後の後陣痛について

出産の話を聞く時に陣痛の激しい痛みについてはよく耳にします。陣痛を乗り切って無事出産したら楽になると考えがちですが産後には後陣痛が待っています。後陣痛について出産前には聞くことはあまりありません。妊娠中に赤ちゃんが入っていて大きく伸びていた子宮は産後に元に戻ろうと収縮します。それなので痛みの個人差はあるものの後陣痛は産後に誰にでも起こります。症状は陣痛のような強い痛みが一定間隔で来る場合や吐き気や頭痛を伴う場合など人それぞれです。産後の体の回復症状の一つなので特に心配はないですが出産の疲れや赤ちゃんの世話など体調的にも辛いのでクッションなどを使って楽な姿勢を取ったりどうしても耐えられない場合は痛みを緩和する薬を使ってもらうなど無理をしないことが一番です。授乳の刺激でも子宮が収縮するので痛むことがあります。大体一週間から一カ月くらいで治まることが多いです。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)